一般貸切旅客自動車運送事業の更新には大きな関門がひとつあります。
それは、代表取締役の法令試験。

貨物自動車やハイヤータクシーでも新規申請の場合には法令試験がありますが、貸切の法令試験はちょっと別格です。
なぜなら、合格ラインが正答率90パーセント以上だからです。
どんなに簡単な算数の問題でも、プレッシャーのかかる中で40問中36問正解するのは大変です。
ましてや、普段あまり目にすることのない【法令等】の問題となればなおさらです。

ココカラザウルスの法令試験対策テキストは、たった80ページの中に大切なエッセンスをギュッと凝縮しました。
テキストの価値は【重さ】ではありません。

ココカラザウルス法令試験対策テキストの特徴

  1. 全国の法令試験に対応することができます。(実証済み)
    ※関東以外の地方運輸局の合格者からお礼の電話を多数いただいております。
  2. アウトプットに重点をおいたプログラムで、試験会場で確実に結果が出せる内容です。
  3. 不要な条文は大胆にカットしています。

安心経営サポートにお申し込みされている事業者様には無料で配布しております。

法令試験の勉強方法

法令試験対策テキスト

地方の受験者も、最初はこのテキストと関東運輸局の過去問題で勉強します。
そうすれば、どの地方でも確実に合格できます。

Step1 関東運輸局のホームページから過去問をダウンロードします。
すべて印刷して年度ごとにファイルにまとめます。
Step2 テキストの最初の条文を読みます
Step3 読んだ条文が出ている過去問をさがします。
※テキストの最後のページに出題された年度の表があります。
Step4 先ほどダウンロードした過去問を確認して、その法令の出題傾向を頭に入れます。

このStep1~Step4の作業を最後まで繰り返します。

この作業をテキストの最後のページまで繰り返すと、関東運輸局の問題は確実に解けるようになります。

[関東運輸局管内の受験生]
一度の頭にいれても、受験まで日にちがあると忘れてしまいます。
できれば、受験の月まで、最低1回は一番新しい過去問にチャレンジするくせをつけて下さい。
また、関東以外の法令試験にチャレンジするのもいい方法です。

[関東以外の地方運輸局管内の受験生]
ご自身の受験する地方運輸局のホームページから過去問を探して下さい。
そして、関東運輸局の過去問でつけた力を試してください。
関東以外の運輸局は過去問のUPが少ないところもありますので、いろいろな地方運輸局の問題に挑戦するようにして下さい。

全国の法令試験の傾向は以下の記事をご覧ください。
▼貸切バス 全国の法令試験の出題傾向
https://cocokara-ok.com/houreisiken_zenkoku.html